セミオープンキッチンのメリット・デメリット

人気のセミオープンキッチンとは

対面式キッチンにリフォームする人が増えています。対面式キッチンといっても種類があり、周りに壁がないアイランドキッチンやどちらか一方に壁があるペニンシュラキッチンはオープンキッチンと呼ばれています。またシンク、調理スペース、コンロが一列に並んでいるI型キッチンやそれらがL型に配置されているL型キッチン、シンクと調理台、コンロと調理台が2列に並んでいるセパレート型キッチンは、半独立型としてセミオープンキッチンと呼ばれています。セミオープンキッチンは、キッチン前万にカウンターや壁多あったり、上部に吊戸棚などが設置されていることがあります。リビング・ダイニングにキッチンが一体化されながら、独立した空間にもなっているタイプといえます。

image

メリットとデメリットは


セミオープンキッチンにはどのようなメリットがあるのでしょうか。例えばオープンキッチンほどではないものの、開放感があることです。キッチン側からリビングなどを見渡すことができるのに、リビング側からは手元や調理用具が見えにくくなっているところです。キッチン内部が見えにくいので、ある程度散らかっていても気になりません。来客時は乱雑なキッチンを見られたくない、という人も多いですが、そんな場合でもキッチン内が見えにくいので、料理に集中しながら家族や来客とコミュニケーションがとれます。

逆にデメリットとして考えられる点は、調理中のニオイや煙などがリビングなどに流れやすいことです。ただこれは対面式キッチンの特徴でもあるため、仕方のないことではあります。ニオイや煙対策としては、換気扇をつける位置を工夫することがあげられます。リフォームする際には、業者に相談しておくことがおすすめです。